2009年02月17日

円高と世界経済

円高だなんだって、
デメリットばかり強調しすぎじゃないですか?
マスコミの話を鵜呑みにしませぬように。。


http://news.livedoor.com/article/detail/4016265/


たしかに、
円高はトヨタ自動車や大手電機メーカーなど、
輸出企業へのデメリットは大きい。


たとえば
1円円高になると
トヨタ自動車は350億円の営業利益が吹き飛ぶといわれている。


しかし、
裏を返せば、
輸入企業にとってのメリットは大きいということ。


円高で輸入コストが減少。
つまりは原料調達コストが下がり、
100円かかっていたものが90円でできる。


内需でビジネスが完結するような業種は、
円高や輸入原料の価格低下などによって、
収益が後押しされるんです。


低価格の生活関連用品を扱う企業は、
円高に加え、消費者の生活防衛意識から
不況さえも武器にできる!


あなたはこれでも、
円高は悪だと思いますか?
それとも。
posted by 世界経済 at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。