2009年03月08日

世界経済と鳩山総務相

鳩山総務相は何か勘違いをしてはいないだろうか??
鳩山氏は、
歴史から経済を学んでいない。

http://news.livedoor.com/article/detail/4051204/


大成建設にも横槍を入れてきたが、
個人的な感情論で、
政治家は動いてはいけない。

かつてのバブルがそうであったように、
個人的な見解を大臣が述べるということは、
感情で動くということは経済を破綻させる。

確かに経済は感情で動く。
しかしそれは市場の感情だ。
一個人の感情ではない。

一個人の感情というか、
恣意的な動きで流れを変えるべきではない。
特に今の時期は。

鳩山氏は正義の旗印の下に動いているように話すが、
彼の後ろには利権の臭いや、
政治的思惑が見え隠れする。

政治家は、
なんのために生きるのか。
それが問題だ。
posted by 世界経済 at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。