2009年03月23日

不況とスーパー

スーパーの売り上げが18年ぶりに1兆円割れだそうです。
不景気だなんだで消費が抑えられたとかいう理由だと思いますが、
スーパーって毎日必要なものが置かれてますよね。

それが減少って問題な気がします。
問題な気がしますが、
スーパーっていまや食品類だけじゃないんですよね。

衣料品も扱っています。
食費はなかなか削れないけれど、
ぜいたく品やまだ使えるものは長く使う。

いままで無駄遣いをしていた人達は、
資源やお金について再度考える良い機会では??
と思いましたが、そんなのんきな話でもないですね。

考えると共に次の一手を考えて動かないと、
明日はないかもしれません。
posted by 世界経済 at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。